ピアノの正しい掃除方法【必要な道具・キレイにするコツも紹介】

引越しを機会にピアノをきれいに

ピアノを弾く機会の多い人なら、鍵盤の蓋の開け閉めは頻繁にしますし、軽くほこりを取る程度の掃除なら毎日しているかもしれません。
しかし、実際には普段ピアノを弾く機会が少なく、ほぼ飾りのような状態でピアノを置いてあるだけの人も少なくないようです。

 

それなら、鏡面仕上げの表面も指紋や手垢でかなり汚れている可能性がありますし、裏側や内部はほこりが溜まっていて、運ぶとき、スタッフに迷惑をかけることになるかもしれません。
新居に汚れたまま運ぶのは気が引けますよね?
仮に、普段弾いているピアノであっても、裏になっている部分や、隠れている部分は手入れが行き届いていない可能性が高いですから、引越しでピアノの運搬を業者に依頼するのをきっかけに、隅々まで掃除してみてはいかがでしょうか。

 

ピアノ掃除に必要なもの

イメージ

表面のほこりを取るためのモップやはたきは、パソコンや机などに使う傷をつけにくいものを用意するとよいでしょう。
また、やわらかめのクロスを2枚以上用意するのも忘れずに、塗装面と鍵盤に使う物は分けるにするようにします。
ピアノクリーナーは、塗装面専用の物と、鍵盤専用の物を用意します。

これらの掃除用品は、ホームセンターなどでは手に入りにくいかもしれませんが、楽器店や調律師さんに頼むと手に入るものです。

 

毎日できるようなシンプルなお手入れ

できれば毎日やった方がよいシンプルなお手入れ方法としては、まずピアノ専用の羽毛のはたきやふわふわのハンディモップなどを使って塗装面についているほこりを払います。

静電気などで垂直になっている面にもほこりが付きやすいので、水平な上面だけでなく、全体をモップで払うようにします。

ただし、表面に細かいゴミなどが付いた状態で強く払うと細かい傷ができてしまうので注意しましょう。

 

ピアノのワックスがけ

イメージ

ほこりを払った後、塗装面専用のクリーナーやワックスをやわらかめのクロスにつけてよくなじませたら、塗装面を優しく丁寧に拭き上げていきます。

一度拭いた後、クロスの裏面を使ってもう一度拭くと綺麗に仕上がります。

鍵盤の乾拭き

次に、鍵盤の蓋を開けて、鍵盤の乾拭きをします。
汚れのひどい場合は、鍵盤用クリーナーをつけて拭いていきますが、その後改めて乾拭きするようにするとつやが出ます。

クリーナーは、ピアノ本体の塗装の種類や、鍵盤の材質によっては使えないことがありますから、使う前に確認するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る