【何が違う?】ピアノの引越し専門業者と普通の引越し業者

ピアノ専門の運搬業者は何が違う?

イメージ

ピアノは引越しの時に困る荷物の代表格です。
と言うのも、重さが重いだけでなく、緻密な造りのデリケートな楽器だからです。
きちんと専門の知識を持った人の手で梱包や運搬がされないと、ちょっとした振動だけでも音色が変わってしまうのはもちろん、雑に扱うと本体にも傷がつきやすいため、他の引越し荷物と一緒に運ぶことができません。

 

つまり、ピアノの引越しをするスタッフには専門的な技術と知識が必要なのです。

 

ピアノの運搬は専門業者を

引越業者にピアノの運搬を依頼すると、引越業者を経由して、提携のピアノ運搬業者に連絡が行くようになっています。
つまり、一般的な引越しの荷物を運ぶスタッフでは運ぶことができないため、普通の引越し荷物とは違う扱いになっているのです。

 

もちろん、引越し後に調律の必要が無い電子ピアノであれば、普通の荷物として運んでもらえる場合もありますが、たとえ自動演奏装置が付いていようと、電子音が出る仕組みになっていようと、調律が必要なタイプのピアノの場合は専門の業者が運ぶことになります。
楽器はそれだけデリケートな物なのです。

 

楽器本体上部の蓋や鍵盤の蓋、ペダルなどを固定しなければならないだけでなく、様々な部分の保護が必要になります。
どの部分をどう保護して、どこをどのように持って運べば音に影響が出ないかを熟知しているプロのスタッフが運ぶ必要があるのはそのためです。

 

グランドピアノの運送は大変!

イメージ

ピアノの種類の中でも、奥行きのあるグランドピアノの引越しは手間がかかります。
大型で300kgもあるものもありますから、運ぶときのコツも要りますし、スペースの問題も出てきます。
トラックの上での固定も大事ですし、荷台が軟弱なトラックに乗せてしまうと振動がひどく、音への影響が大きくなってしまいます。
また、搬出、搬入の際にクレーンが必要になることもありますから、専門のスタッフの手で運ぶ必要があるのです。

 

一般的に、他の荷物と一緒に依頼する場合は、引越業者を通して依頼した方が、他の引越し荷物にかかる料金を値引きしてくれることも多いため安くなる傾向がありますが、料金の安さだけでいい加減な業者を選んでしまうと、後々のトラブルにもつながります。
しかも、ピアノ1台だけを運ぶのであれば、条件的に同じことになりますから、個々に当たった方が安く運べることもあります。

 

とにかく、ピアノは高額の楽器でもありますから、信頼できる運送会社を選ぶようにしましょう。


このページの先頭へ戻る